- 未分類

動物看護

動物好きな学生が選ぶ就職先として、ペットに関わる仕事があります。技術を身につけるためには、専門学校に通うといいですが、ペット専門のコースにはどのようなものがあるのでしょうか。よく調べてから、進学すると目指す道に進みやすくなります。

犬専門学校のペットコースでは、動物病院で働けるように動物看護に関して学ぶコースがあります。3年制の学科となっています。犬の健康がメインとなるカリキュラムで、動物の病気に関する知識・動物看護学・子犬や老犬の健康管理・臨床動物学などを学びます。犬の世界でも高齢化が進んでいるので、人と同じで健康寿命にも気を配っています。卒業後には、ほとんどの学生が動物病院で働き始めますが、学生時代の学習や実習の成果で、すんなりと職場に溶け込むことが可能です。リハビリテーション科では、怪我や病気のために健康な生活を送ることが難しくなったペットの為にリハビリプログラムを実施する科目もあります。こういった経験を通して、動物病院での動物看護がスムーズに行えるようになりますが、ペットが可愛いというだけでは務まらない、健康管理や病気の世話が直接生死に関わるような現実味のある仕事ではないのでしょうか。そういう仕事に対応できる人材を専門学校のペットコースから輩出しています。

*参照記事*
猫について
犬の専門家
専門学校で学ぶ

Pocket