- 未分類

猫について

長い間、人気のペットNO.1の座を犬が独占していましたが、最近では、猫の人気がうなぎのぼりで、犬人気を凌ぐほどになっています。両者は、気質や姿が違いますが、愛くるしい風貌であることにはかわりません。そういった事情から、猫を専門的に学ぼうとする専門学校のペットコースには存在します。

猫まず、猫についての学習では、猫の健康管理学・ネコ学・ペット保険など猫を飼う時と猫がかかる病気についての学習内容を習得できます。ネコ学とは、聞きなれない学問ですが、主に猫の種類とその生い立ち、飼育方法や病気について学びます。ペットショップや動物病院などへ就職した際に役に立つ内容となっています。また、猫だけではなく犬に対しても行うトリミングもセットで学んで、犬・猫がお洒落で凛々しくなるようにセットすることを学びます。猫については、I.C.Cキャットグルーマーライセンスという免許が習得可能です。卒業者の中には、NPO法人で、野良猫を救出する業務をしているところへ就職した経緯などがあり、猫が世の中で快適に過ごせるようなお手伝いを行っています。実際に猫や犬を専門学校で飼育している場合も多く、卒業時には里親制度があり、一緒に卒業することができる絆をいつまでもつないでおける取り組みもあります。猫が好きだから就く仕事では、取り組みやすい雰囲気が一番ですね。

*参照記事*
犬の専門家
動物看護
専門学校で学ぶ

Pocket

- 未分類

犬の専門家

可愛い犬が大好きな場合、ペットショップで働きたくありませんか?ただペットの販売員として働くだけでなく、もっと専門的な仕事ができるような道もあります。それは、専門学校のペットコースなら、ペットショップで働くときに活かせる技術を習得することができます。

例えば、ドッグトレーナーを養成するコースでは、犬のトレーニング理論を学びます。人も犬も楽しみながらトレーニングを積めるように陽生強化法を取り入れながらの学習です。そして、ペットショップではトリマーという犬の毛をデザイン散髪する技術も習得できます。飼い犬を人間の家族と同じように接する飼い主にとっては、トリマーに毛をカットしてもらうのは、子どもを美容院に連れいていくような感覚と同じようなものです。大切なペットだからゆえの対応を求められます。犬のケアやグルーミングなどと合わせてトータル的な犬のプロが育っています。また、現実的な問題として、飼いきれなくなったペットを捨ててしまう飼い主もいます。捨てられて野良犬とかしたペットを保護する目的で「保護譲渡指導員資格」という資格がありますが、捨てられてしまったペットの命の保護に役立てられています。このように専門学校のペットコースを履修すれば、ペットの専門家として活躍できる道が開かれます。

*参照記事*
猫について
動物看護
専門学校で学ぶ

Pocket

- 未分類

動物看護

動物好きな学生が選ぶ就職先として、ペットに関わる仕事があります。技術を身につけるためには、専門学校に通うといいですが、ペット専門のコースにはどのようなものがあるのでしょうか。よく調べてから、進学すると目指す道に進みやすくなります。

犬専門学校のペットコースでは、動物病院で働けるように動物看護に関して学ぶコースがあります。3年制の学科となっています。犬の健康がメインとなるカリキュラムで、動物の病気に関する知識・動物看護学・子犬や老犬の健康管理・臨床動物学などを学びます。犬の世界でも高齢化が進んでいるので、人と同じで健康寿命にも気を配っています。卒業後には、ほとんどの学生が動物病院で働き始めますが、学生時代の学習や実習の成果で、すんなりと職場に溶け込むことが可能です。リハビリテーション科では、怪我や病気のために健康な生活を送ることが難しくなったペットの為にリハビリプログラムを実施する科目もあります。こういった経験を通して、動物病院での動物看護がスムーズに行えるようになりますが、ペットが可愛いというだけでは務まらない、健康管理や病気の世話が直接生死に関わるような現実味のある仕事ではないのでしょうか。そういう仕事に対応できる人材を専門学校のペットコースから輩出しています。

*参照記事*
猫について
犬の専門家
専門学校で学ぶ

Pocket

- 未分類

専門学校で学ぶ

高校卒業後などに進路を考えた場合、動物・ペット好きであればペットショップや動物病院で働くことを考えませんか。そのような場合には、専門学校のペットコースで学ぶ事がお薦めです。ペットと関われる仕事は、意外と沢山ありますので、その仕事について詳しく知ることもできます。

看護師ペットの代表と言っても良いのは、やはり犬でしょう。犬についてしっかりと学ぶコースもあります。人も犬も心を豊かにトレーニングに望める陽生強化法という方法を取り入れている犬のトレーニング理論は、ペットにストレスを与えることがありません。これは、将来、ブリーダーやしつけ教室、ペットショップなどで役に立つ知識でしょう。また、動物の看護について、みっちり3年間学ぶコースもあります。これは、将来ペットショップで、獣医さんのアシスタントとして活躍できる内容を学ぶカリキュラムです。臨床実習をすることにより、動物の治療をサポートできるような技術を身につけることができますし、受け付けや動物の身の回りの世話をすることにより、動物病院での身のこなし方も分かるようになります。また、動物病院でも役に立つトリマー技術についても教えてもらえます。幅広く、活躍できるようになります。更に、犬だけではなく、猫についても学べるコースがあります。猫の種類や生い立ち・正確、飼育方法や病気など、猫についてあらゆることを学べるネコ学など、猫好きには授業がたまらなく楽しい内容なのではないでしょうか。このように将来、動物のスペシャリストとして活躍したい場合には、専門学校のペットコースに通うことがお薦めです。

*参照記事*
猫について
犬の専門家
動物看護

Pocket